私たちの想い

創業者メッセージ|植物の香りを世界中から探し求めるダーリン・ペイン

人々の生活を豊かにし、実りあるものにするメドウズ

親子で紡ぐ香りのレシピ調香師であった父親の部屋にはたくさんの香りのビンがありました。夜になると父親は決まって何本かのビンを取り出し、柔らかな香りをリビングいっぱいに漂わせていました。日常とは違った父親の姿と日々異なる香りに囲まれて、私は次第に香りに興味を深めていったのです。

小学生の頃、父親の手ほどきを受けながら独自の香りをブレンドしてみました。ほんの数滴で変化する香りの繊細さに私は夢中になりました。学校を卒業後は、ロンドンに本社を置く香料会社で働き始めました。エッセンシャルオイルの精製所や溶剤抽出所などに、仕事で出向いて経験を積みました。その当時の私が一番印象に残ったことは、先進国と途上国の格差をまざまざと見せつけられたことでした。

当時のイギリスは好況期にあり、多くの人々がお金や物欲に駆られた時代でした。その一方、仕事でエジプトに訪れた時、人々が汚れた床の土壁の家に住み慎ましく暮らしている姿に大変ショックを受けました。

1991年イギリスケント州にメドウズを創業

ある日、上司に「アロマテラピーの市場を開拓しよう」等と説得をしてみましたが全く興味を持ってもらえませんでした。しかし、高品質のオイルを適切な価格で供給することに大変魅力を感じていた私は1991年、イギリスケント州にメドウズを創業しました。

高品質のオイルを適切な価格で提供したいという当初の志は香料会社在籍中に培った人脈やセラピストの支持に支えられ、後に日本市場、アメリカ市場へ本格的に進出するまでになりました。しかし2000年、私はその忙しさから体調を崩し、自分にとって本当に大切な物は何かということを真剣に考えることにしました。

創業当時から変わらない品質を守る努力

「質とやさしさ」を追い求める企業へ

本来、アロマテラピーはハーブの力で人々の生活を豊かにし実りある物にするもの。そこで私は企業体を小さくし、規模を追求するのではなく「質とやさしさ」を追い求める企業へメドウズを変えることにしたのです。そしてエジプトで体験したことをもとにチャリティーを通じて人々の心を豊かにする活動を始めることにしました。

現在、私は古くからの従業員に支えられ当初目標とした商品作りが続けられることに喜びを感じています。植物本来の香りを世界中から探し求めて。信頼出来る仲間と飾らず、ありのままにこれからもメドウズの香りを守り続けます。

創業者ダーリン・ペインから皆さまへ