プロダクト

香りの楽しみ方

毎日の暮らしの中に簡単に取り入れられるアロマテラピー
部屋に香らせたりスキンケアに活用したり、いろいろな楽しみ方をご紹介

芳香浴

ティッシュやハンカチに精油を1~2滴垂らして、枕元やデスクなどに置きます。 アロマポットやアロマディフューザーなど、専用器具を用います。

沐浴・手浴・足浴

入浴時は浴槽に適温の湯をはり、精油を落とし、よくかき混ぜて肩までつかります。
洗面器などを利用した手浴や足浴もおすすめです。

【精油の使用量の目安】

全身浴:1~5滴/半身浴・手浴・足浴:1~3滴
※肌に刺激を感じた場合は直ちに流してください。

蒸気吸入

お湯に精油を1~3滴落とし、立ち上がる上がる香りの湯気を吸入します。蒸気が逃げないよう、バスタオルをかぶってもよいでしょう。

※吸入の際は目を閉じましょう。また、精油成分が粘膜を刺激することもあるため、長時間の吸入は避けましょう。
※飲まないように注意してください。

トリートメント

植物性のオイルをベースに、精油を1%以下の濃度になるように混ぜたトリートメントオイルを、肌にやさしく塗布します。

※顔などの敏感な部分に使用する場合はさらに低濃度での使用をおすすめします。
※使用する方の健康状態に合わせて、事前にパッチテストを行ってください。

アロマスプレー

スプレー容器(50ml)に無水エタノール少量入れ、精油を3~20滴溶かします。水を加え、よく振って混ぜます。においが気になる所に、仕事や勉強中の気分転換に、好きな香りでリフレッシュしましょう。

※精油の種類、部屋の広さ、お好みに合わせ適数を加減してください。

湿布

洗面器に水または適温の湯をはり、精油を1~3滴落とします。
タオルを浸し、精油を含む面が内側になるように折りたたんでから軽くしぼり、湿布する部分に当てます。

※精油は水に溶けにくいため、皮膚に直接触れないよう十分注意し、湿布する時間の長さにも気をつけましょう。また、目の周りや皮膚の弱いところへの使用は控えてください。

精油を安全に使うために

  1. 精油を直接肌に塗ったり、飲んだりしないでください。
  2. 火気には十分にご注意ください。
  3. 精油はお子様やペットの手の届かない場所に保管しましょう。
  4. 精油は高温多湿な場所を嫌います。冷暗所で保管しましょう。
  5. 合成オイルと混合しないようにご注意ください。
  6. 妊産婦、お年寄り、既往症のある方は、専門家にご相談の上ご使用ください。
  7. 3歳未満のお子様には、芳香浴以外の使用はおすすめしません。また、3歳以上でも、大人より少ない量(2分の1程度まで)で使用しましょう。
  8. ベルガモット精油やレモン精油など、柑橘系の精油の中には、日光によって反応し肌に刺激を与える成分(光毒性のある成分)が含まれている事があります。外出前や外出中に使用する際はご注意ください。
  9. 精油を目に入れないように注意しましょう。

身近な道具ではじめられます

  • ティッシュペーパーやハンカチ(芳香浴)

    精油は揮発性なので、ティシュペーパーやハンカチに香りをつけて置いておくだけで即席ディフューザーになります。デスク周りなどに置いて気軽に香りを楽しめます。

    ※精油によっては色の濃いものがありますので、ハンカチにシミができることがあります。

  • 洗面器やマグカップ(蒸気吸入法)

    蒸気吸入法には洗面器やマグカップが使えます。ただし、プラスチックを溶かしてしまう精油もあるので素材選びは慎重に。また、マグカップは間違えて中身を飲んでしまわないように注意してください。

    ※精油によっては粘膜への刺激が強いものがあるのでご注意ください。また長時間の吸入は避けてください。

  • たらいやバケツ(手浴・足浴)

    大きめのたらいやバケツを手浴や足浴に使用できます。深さのあるものを選べば手首や足首までしっかり温められます。

  • タオルやてぬぐい(湿布法)

    湿布法にはタオルやてぬぐいが使えます、肌に直接ふれるものですから、お好みの素材や厚さを選んでみてください。

あると、さらに特別なアロマグッズ

  • 素焼きのディフューザー

    デスク回りなど自分の周りの空間で香りを楽しめます。

  • ディフューザー、アロマポット

    広い空間で香りが楽しめます。蒸気の出るタイプは乾燥対策にも。

  • 無水エタノール

    精油が付着した道具を洗うときは無水エタノールがあるときれいになります。

  • キャリアオイル(植物油)

    精油を希釈する際に使います。セルフトリートメントなどに。

ONLINE SHOP